人材不足を乗り越える管理職

ソフトウェア開発は、プログラマー一人だけではこなすことができない規模に拡大している。javaプログラミングにおいても、プログラマー一人が開発を行うということは稀であり、開発チームを組んで複数のプログラマーが開発のために協力する。しかし、javaエンジニアが不足していることから、開発チームではうまく開発スケジュールをこなすことができず、混乱を引き起こしがちである。それでも開発プロジェクト遂行の困難を乗り越えられるかどうかは、チームの管理職担当者にかかっている。
限られた開発人員の能力を、効率よく開発スケジュールの中で活用することにより、javaエンジニア不足の中でも必要な開発業務をこなすことができる。チームの開発力を最大限にまで引き出せる管理職のスタッフがいれば、開発のスケジュール上の危機に対処するのも可能ではある。しかしあくまで、一時的な対処に過ぎず、いつも同様に人材不足の問題を乗り越えられるとは限らないのである。優れた管理能力を持ったリーダーであっても、対応不可能な事態に陥ることはありうる。そうした致命的な危機に陥る前に、開発業務にとって必要となるjavaエンジニアの人員を、できるだけ確保できなければならない。開発チームの管理を行うリーダーは、開発人員の確保の難しさとスケジュール厳守の責任の間に立ち、仕事での苦労は多い。しかし、問題の折り合いをつけて開発をやり遂げたときの達成感は大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です