エンジニア不足対策のイメージ戦略

仕事が難しい場合や厳しい場合は、その業界では人材が不足がちである。仕事の志望者が少ない事から、限られた人員で仕事をこなしていかなければならない。職場の労働環境を改善することが必要であり、働きやすい職場を作る取り組みが大切である。javaエンジニアも不足する傾向があり、その理由としてはインターネット市場の急拡大がある。

またさらに、需要に対して供給が追いついていない事から、開発スケジュールが厳しいということもあるようだ。人材獲得のための手段として、javaエンジニアの仕事のやりがいやかっこよさを、ドラマを通じてアピールする事も有効である。広範にイメージ戦略を打ち出すことにより効果があり、エンジニア志望者の数も大きく変わる。ソフトウェア開発は、どこか堅苦しくて縁遠いといったイメージがある。映画やテレビなどのドラマ作品でjava開発のエンジニアが登場し、彼らの活躍を多くの人に試聴してもらうことで、興味を持ってもらうことができる。イメージ戦略が徐々にその成果を上げてくれば、しだいにjavaエンジニアの志望者が増え、開発人員の不足を軽減できる。また、イメージに対して、実際の職場の実状も適合したものでなければならない。イメージ戦略は、実際の労働環境の改善と合わせてこそ意味がある。もし労働環境に問題があれば、再び貴重な人材を逃すことになる事から、バランスの良い人材獲得の対策を進めていく必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です