IT業界による忙しさ

IT業界の最前線で開発や制作を担うエンジニアやプログラマは昼夜を問わず働くことになってしまう場合もあるほどに激しい開発競争の渦中にあることが多い。特にトレンドとなっている業界や新規性が重要視される業界においてはそういった傾向が強く、若くて体力のある人材にしか担えないことも稀ではない。I
しかし、同じエンジニアやプログラマであっても一旦そういった著しい競争が行われている業界を離れれば通常のサラリーマン並みの余暇を持ちながら仕事をしていける現場も多数ある。特に専門性を高めていった結果としてそういった職場にたどり着くことが多く、トレンドのjavaエンジニアであっても業界を選べば忙しさから抜け出して仕事をしていくことができる。javaエンジニアは全体的に見ると不足がちであるため、専門性が高い職種にしては忙しい仕事の日々を過ごさなければならない傾向がある。
しかし、オリジナリティーが優先して競争とはならないWeb制作やオンラインゲーム開発の業界が主流であることから、システム開発等の業界に比べると忙しさは大きく緩和されることになる。小規模な制作になるアプリ業界の用に開発のスピードも要求される業界になると忙しさは増すものの、プロジェクトが佳境に入らない限りは連日の残業や土日出勤といった状況にならずに済むことが多いのが現状となっている。また、維持や管理の仕事となるとますます時間にゆとりが生じる傾向がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です